« 中田(仮名)さん | トップページ | 風 »

2010年7月14日 (水)

答えます!21

久々、答えますシリーズに質問が届きました。さゆり仮面さんからです。

質問です。
床の間の違い棚には何を載せればよいのでしょうか。というか、何を載せるものなのでしょうか。最近そのことで、あたまがいっぱいです。

答えます。
そもそも床の間とは四季を演出しするためのものです。つまり、自己満足であったり、来客があったときのための飾り場です。「どやっ!うちの床の間は!」ってな具合に見栄をはる場合に使います。ちなみに我が家の床の間の床は、洋服ダンスが置いてあり、和室を客間として使っていません。はっきり言って日本の伝統をなめてます。

で、質問の違い棚についてですが、我が家の場合は、とっぱらってありません。あんなものいりません。だからー、俺は日本の伝統をなめてんだってば。でも、伝統を重んじるならば、伝統に沿うべきでしょう。違い棚は何を置くためのものか。一般的にいわれているのは、上段の棚には筆や香炉などを、下段には書物、壷、硯箱(すずりばこ)などです。上段の端には「筆返し(ふでかえし)」というものが取り付けられています。しかし、こんなのは昔々の話です。筆なんて持ってます?そりゃ筆でこちょこちょする性癖のひとは持ってるかもしれませんが。では、今の時代、何を置くべきか。

そこはやっぱり災害グッズでしょう。非常食、米、水、ラジオ、懐中電灯、飯盒、食器などです。いつも目に付くところにあれば安心です。せっかく用意していても、押入れの中の奥の奥なんかにしまってあると、いざというとき見つかりませんから。それに来客の目に付いた場合、ここの家の危機管理能力はしっかりしているな、と尊敬の眼差しで見られることでしょう。あと、防犯としてスタンガンなんかも良いでしょう。床の間には、壷や掛け軸など、家宝となるものが飾られている場合が多いので、狙われやすい場所だからです。

以上、日本家屋文化研究の第一人者、大和静武(やまとしずむ)氏のご意見を参考にしながら、お答えしてみました。何か文句ある?

|

« 中田(仮名)さん | トップページ | 風 »

05 答えます!」カテゴリの記事

コメント

早速の回答ありがとうございます。
いえね。あそこにゃ、家宝・秘宝・珍宝を載せるという人が居ましてね。困惑しておりました。

そうですね、「どやっ!うちの珍宝は!」って見栄をを張っている場合ではありませんよね。

安全第一。防災万全。

明快なお答で心穏やかに生きてゆけそうです。baseball

投稿: さゆり仮面 | 2010年7月14日 (水) 17時57分

今回は二重丸やね。

俺が行ったときも床の間の床はなかったような気がする。
10年以上前だよね!!

投稿: takubom | 2010年7月14日 (水) 21時13分

さゆり仮面さん
また「答えます!」を活用してください。
今回、さゆり仮面さんの相談の意図は別のところにあったのかも、と心配しておりますが・・・。

投稿: ひろやん | 2010年7月15日 (木) 22時19分

takubomさん
◎ありがとうございます。
あれは7年か8年前ですね。
またいらしてくださいな。

投稿: ひろやん | 2010年7月15日 (木) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528757/48874050

この記事へのトラックバック一覧です: 答えます!21:

« 中田(仮名)さん | トップページ | 風 »